情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2018年05月03日

鷹峰から京北峠を抜け北山丸太の産地を通り高山寺へ

鷹峰、光悦寺、ここも始めてやったけど良かった。

本阿弥光悦の墓所がカッコよかったけど、写真に撮るのは不吉な気がして。モミジの枝ぶりから思うに、新緑もええけど紅葉が地面に積もるころ一番いい感じになりそうでした。

関連MYブログ 18/05/01 新緑の栂ノ尾 高山寺

◆光悦寺 茶室の屋根の重なり(主棟と門と)

31496170_978137332351413_1465488913509384192_n.jpg


◆光悦寺 新緑のアプローチ

31472645_978137255684754_6935649945634471936_n.jpg


◆光悦寺垣 オリジナル

31676668_978137469018066_6950541619451920384_n.jpg

光悦寺のお庭、どっかに似てるなー、と頭に引っかかってた。そうや、村野藤吾の谷村美術館や。心地いい迷路的な動線(ここでは緑の壁、谷村美術館ではざらっとした曲面の洞窟っぽい白い壁)を通って谷村美術館では仏像を、ここでは一つ一つの茶室を、向こうが見えなくてチラチラと見えて、パッとそこに至ってまた別の・・・っていう感じ。お化け屋敷と一緒のテクニック?

鷹峰から京北峠を抜け北山丸太の産地を通り高山寺(昨日の記事)へ行って来ました。

◆北山、台杉の山はちゃんと手入れされてた。

31507262_978251809006632_512636567622254592_n.jpg


◆でも、北山丸太の里は、なんだか寂しそうやった。

31564242_978207795677700_8133898104131813376_n.jpg


◆後背の山がきれいなだけに余計に侘しさを感じてしまう。
(数えてみたら、床柱のある家を最後に設計してから13年たってる)

31504009_978208282344318_8335596352536838144_n.jpg


◆高山寺門前の谷川(清滝川)を見下ろすことができる風情のあるところで食事。門前に一軒のだけの食堂、っていうのは大概外れが多いのだが、ここは違った。土の香りが残るホンマモンのとろろと旬の山菜の定食、おいしかった。(とが乃茶屋)

31488793_978247872340359_4042962915995680768_n.jpg

関連MYブログ 18/05/01 新緑の栂ノ尾 高山寺

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook
==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:03| 滋賀 🌁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする