情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2018年05月29日

この先、田舎はどうなるのだろうか?

先週はうちの法事。昨日は親戚の法事。
その双方をたすと、マキノ近辺では合計12の家がある。
その戸主である60〜70代の人間が集まっているのだが、ふと考えてみると、
我が家は、子供がみんな都会へ出てしまってる。
そして、
子供がいない家が、1軒、
基本的に嫁に出してる等で跡取りが全くないのが、2軒
子供は家にいるけど独身なのでまだ孫の世代がないのが、3軒
後継の家族はいるけど、その後継は都会でもう本拠を持っているのが、3軒、
まとも?に、地元で家を継いで親子孫三代の暮らしをしてるのが、12軒のうち2軒しかない。

「もうこの先、あと少しするとガタガタっとくるでー」
と、警鐘を鳴らす人がいた。

関連MYブログ
◆09/10/17 せめて、長男だけでも地元で働くことが出来るように???
◆10/03/28 私の田舎に人がいなくなる?

関連記事
◆17/03/15東洋経済>政治・経済>地方創生のリアル地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する
◆18/01/31東洋経済>政治・経済>地方創生のリアル地方は若者の「起業家」を使い捨てにしている

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook
==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:10| 滋賀 ☁| Comment(0) | 地域の色々(日常・問題課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする