情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2018年12月31日

「寒い国から来た手紙」の親にはなれんなー

♬ 冬の国から都のすみへ便りがとどく
 こわれたユメにしがみつかずに早く帰れと
 ユメはまださめてないから しばらくここにいる
 ひねてないのにひねくれてみせ ムリにだす返事
 まぼろしよ 早く 消えてくれよ
 かわいた笑顔は 僕には似合わない・・・♬


 この歌詞は、泉谷しげるさんの「寒い国から来た手紙」(1975)だ。当時学生だった私は「都会に出た若者の挫折」みたいのが上手く語られてるええ歌やなー、と記憶の中に留めてる。
 しかし今、息子娘三人とも都会へ出した私は、とてもこんな「手紙」を送れない。私には、子供に「田舎に帰ってきてのんびり暮らす」ということを提供できる自信なない。都会で何とか仕事探して暮らしてもらわないと、と思ってしまう。同じような思いを持つ同年代の方は多いのではないだろうか?1975当時、まだ田舎は「若いもんの一人や二人何とでも養える」総合的な?経済力の基盤があった、そんな「常識的な感覚」の上にこの歌詞は組み上がってる。しかし45年経って、その基盤がかなりもろくなっている、そんな気がする。

youtube>寒い国から来た手紙

181231izumiya.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 01:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | ’70music is my music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする