情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2020年02月22日

元CAが学んだANAの接客・接遇の要諦は六つのS

★Smile−笑顔とアイコンタクト(相手の目のあたり[ガン見は良くない場合もある]を見て)がすべての土台、とのこと。副次的には、顔の筋肉を動かすことで若々しさも保たれる。謝罪以外は全部笑顔だそうです。
★Smart−身だしなみ、自分自身が商品という意識。鼻毛や耳毛が出てたり、変なにおいだったりはダメらしい。無精ひげ生やしてたり、髪の毛立ってたりするわ(笑)
★Speedy−仕事によって分単位の話のあるし週単位の話もあるかもしれんけど、お客様をイライラさせるようではダメ。内的には、何でも段取り良く、とのこと。うーん、身につまされる。
★Sincerity−目配り・気配り・心配り。観察して、想像して、アクションして、また振り返り観察して、みたいなルーティンワーク。先方のお名前・年齢・出身地・趣味等々接客の仕事の内容によりけりだけど、先方の情報を記憶しておくというのは大事、とのこと。これもまた身につまされる。
★Study−正確な知識は信頼の基本。
★Specialityープロ意識。そしてそれが一番試されるのは、イレギュラーな事態・アクシデント、それをうまく収めてこそ信頼が生まれる本物のプロ。

◆まー、毎年講師は違えど、似たようなこと聴くんですけどね。聞くこと自体は「そやなー」っていうようなことばかりなんですが、何年か続けて聞いて「毎年聞くものええなー。すぐ日々に流されてええ加減になってしまうし、一年に一度ふんどし締めなおすのにちょうどええ」と、思ったセミナーでした。
 商工会主催ということで、企画側からすると、商工会員だけじゃなく商工会加盟の宿泊施設・商店・飲食店等の従業員さんが入れ替わり立ち替わり来られて、毎年コンスタントな聴講者数で出来ていることは、それなりに、同じようなことやってても意義あるんちゃうかなー、と思った次第。しかし、元CAっていうのは、接客セミナー講師としてのある種のランクになるんかなー、とも思いました(笑)。

doc00615920200222071422_001.jpg

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
――――――MY facebook ページ & 私とご縁のある地域活動などのリンク―――――――
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by ほんだ at 09:01| 滋賀 ☁| Comment(0) | 商工会関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする