情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2021年02月26日

日本の「くに」って、かなり昔からあったんやなー、と。

 近年の放射性炭素年代測定の弥生土器付着の炭化米(土器で煮炊きしたオコゲ)の測定結果から、弥生時代(水田稲作耕作)は紀元前10世紀まで遡る、とのこと。魏志倭人伝によると、邪馬台国の時代には、日本には百ヶ国ほどの「国」があった、とのこと。そして、奈良時代の各国風土記の数は、現在の東北地方以外の50か国に上る。
 っていうことは、少なくとも三千年前から集落がつくられ始め、1800年前、魏志倭人伝編者がわかる範囲で、旧国割りをさらに2,3に分割した平野や島ごとに北陸・関東以南は、それぞれに人が住み統治組織を伴う「国」が出来ていた。そして、奈良時代(1300年前)にはそれが既に、旧国割り程度の「国」に統合されてた、っていうことなんやろうなー。
 そして、古墳・飛鳥・奈良時代を経て、各地の元の「国主」は、それぞれに神社にお祭りされ、別の統治組織が形成される。しかし、下々は、お上(統治者)が変わっても「旧国」の国の範囲を「くに」と呼び、元々は「神」やったのが「守」に変わっても「かみ」であることには、変わりない。

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます
――――――MY facebook ページ & 私とご縁のある地域活動などのリンク―――――――
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by ほんだ at 09:26| 滋賀 ☔| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする