情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2008年10月28日

ぼちぼちいこか、上田正樹&有山淳司

車で走っていたら、上田正樹&有山淳司で
梅田からナンバまでが、TBSのぷいぷいというTV番組から流れてきました。
081023kuidaore.jpg
この頃何だか忙しい。
「忙しいとは、「心」を「亡」くすと書くnや。」
何て、いつ誰に教わったかも忘れてしまったが、
バタバタし始めるといつもこの言葉が頭によぎり、落ち着こうとする。
そんな今日この頃、そんな中、とっても懐かしい曲、
車の中で大声で歌って、何だか少しリフレッシュされました。
歌詞をほとんど覚えていました。
TV放送は、食いだおれ人形がこれからはタレントとして再出発する、
その道頓堀くいだおれのフィナーレのイベントだったようでした。
声は、昔のままで変わらないなー、と思ってしまいました。
上田正樹、憂歌団などの当時のアルバムは、摺りきれるほど聞いたものです。
私の持っているアルバム

33年ぶりにリニューアル?された新音源のアルバム

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ banner2.gif

以下、私の仕事のコマーシャルです。
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます。(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。
地場で仕事が完結する事は、ヒトやモノの移動が少ない環境負荷を軽減する選択であり、
かつ、住宅建築は個人ができる、大きくて身近な地域振興でもあります。


posted by ほんだ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ’70music is my music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック