情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2009年06月12日

CO2で温暖化はウソ?北朝鮮は核実験していない??

ネットや雑誌を紐解いてみると、
自分が常識と思っていたことが、どうも違うかもしれない、という記事に時々ぶち当たる。
最近見聞きしたこと

1.北朝鮮は本当に核実験をしたのだろうか?
J-RCOMというHP 09/06/12 の記事によると、
日本の空自は、
大気の浮遊塵を採取し、放射性物質のモニタリングをしていた活動を終了させた。
モニタリングの分析結果で異常値は検出されなかった。
とのこと、前回は、確認できなかったが、アメリカは確認した、とのことだった。
そのページによると、巨大な通常火薬爆発を核爆発と偽装することも可能だとのこと。

2.CO2排出と地球温暖化に相関関係がない?
文芸春秋5月号「地球温暖化の詐欺を暴く」によると、
地球温暖化と、CO2排出の相関関係は、ない。
そんな事に、排出権取引などといって、日本が巨額のお金を出すということは、ばかげている。
日本の国力を疲弊させるだけのこと、とのこと。

J-RCOM 09/06/12 北朝鮮核実験 空自T4による浮遊塵採取終了 放射性物質検出されず
野崎和良の「木になる独り言」−「地球温暖化の詐欺を暴く」文芸春秋5月号より

何だか、世の中何が正しいのかわからない。
ただ、両者とも、発言されているご本人達は、絶対に自己の主張が正しいと、
信じて発言されている、その重みは、私にとってはとても重い。
信ずべきことのように思う。




ブログランキング、ポチッと一つお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ banner2.gif
  以下は、私の仕事のコマーシャル
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 22:04| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食卓から政治・社会を論ず? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■温室ガス:15%減に産業界「厳しい目標」―この厳しい目標は日本にとって僥倖になるかもしれない?
こんにちは。温室ガスの削減目標、15%との発表がありました。私は、実は、地球温暖化二酸化炭素説をまったく信じていません。にもかかわらず、この削減目標には条件つきで賛成です。なぜ、賛成かというと、この厳しい目標を達成するためには、産業構造や、社会構造を変える必要性があるからです。これが良い方向に向かえば、日本は躍進します。また、条件とは、地球温暖化二酸化炭素説にもとづき、無意味なこと、害のあることをしないということです。たとえば、巨大な二酸化炭素貯留施設をつくったり、巨大な太陽光発電施設や、風力発電施設をつくることです。さらには、サブプラム・ローンよりも低劣なデリバティブ商品である排出権取引をすることなどです。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
Posted by yutakarlson at 2009年06月14日 16:30
コメントありがとうございます。
省エネや、温室効果ガスの削減自体は、私も大事なことのように思っています。
ただ、バランスのとれた議論が必要です。
最近電気自動車が発売されましたが、何もかも電気の方が良い、というのもおかしな話で、
そのシェアが大きくなるということは、現実的には
原子力発電を充実しなければという議論にも繋がりかねないことがありそう、
一つの事象に対して、
色々な考えられる側面をバランスよく提示することがマスコミには欠けている様に思います。
特に、省エネや環境に関してはそのような視点がとても大事だと思います。
Posted by honda at 2009年06月16日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック