情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2006年01月30日

ヒューザー、総研、東横イン

ヒューザー、総研、東横イン

なんだかなー(阿藤快風)。
みんな、元々のコンセプトは、着眼点も良く、すばらしい。
だから、急成長したり、全国に何十棟と建てたり出来たんだろう、と思う。
当初の理念を考え実行した人は相当の先見性があったはずで
その通り進めば、賞賛こそあれ、非難などなかったハズなのに。
どこで、その理念が捻じ曲げられてしまったのだろう。

別の正しい新しい「ヒューザー、総研、東横イン」はみんなを幸せにしてくれるはず。

正しいヒューザー 30坪のマンションを安価で供給する。
色々なしがらみの中で、
大きくても25坪位のうなぎの寝床型立体住居しか計画できなかった私としては、
ヒューザーの平面プランは、うらやましく思えました。

正しい総研 世の中に必要な多くの同じような形の建物を安価で供給する。
有名建築家や有名になりたいかけだし建築家のヘンなデザインの公営住宅には、
辟易するものがあります。

正しい東横イン これは、違反さえしなければそのまま、
ターゲット客を絞ったローコストで宿泊できるビジネスホテル。

既成の秩序を構成している、
大手財閥系マンションメーカー
大手のゼネコン(建設会社)
一泊12000円に胡坐をかいているホテル

そんなものに風穴を開ける真の正しい「ヒューザー、総研、東横イン」は、
世の中に出現が期待されているはずだ。



posted by ほんだ at 21:33| Comment(1) | TrackBack(1) | ハダと付合いで経済を論ず? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。建築の容積率などは専門家ではないので分からないですが、儲け一本主義な体制が次第に世の中のルールを逸脱してしまう事件が多発していますね。今回を機にすべてが見直されていく社会を期待します。
Posted by バリアフリー魔王 at 2006年02月02日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

1月30日のニュースより
Excerpt: ニュースを見ていて、野次馬的に感想を持った。 ?『中川昭一農林水産大臣の答弁』より 中川農相が、米国産牛肉輸入再開前の現地調査を閣議決定通り行わなかったと答弁した。 政府は2005年11月「..
Weblog: (有)ロジカル・コミュニケーションのブログ
Tracked: 2006-01-31 07:56