情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2009年12月09日

普天間問題は、民主党外交の試金石だと思うのだが

新聞はあまり最近見ていないのでわからないんですが、
テレビメディアって、本当にどうにかならないのでしょうか?

自民党のような、対米追従外交はダメ、何ていってたのに、
普天間基地問題で、ちょっとわが国の主張をしただけで、
駐米大使が真っ赤になって怒っている、

それがまるで、こちらが悪いかの事のように、テレビで解説されることがほとんど。

対米追従じゃない、というのはそういうことなのだろう。
政権が変わった、
継続性も大事かもしれないけれど、
その政権が変わった理由から考えて、継続できないものも沢山あるように思う。

普天間基地問題もその一つ。
大使が少し怒ったからと言って、オタオタしなさんな。
こちらの主張をちゃんとぶつけて、解決点を見出してみろ、
ぐらいの論調があってもいいように思うのですが・・・

私の時々見るHPには、このようなことが、書かれていました。
日本軍事情報センター(軍事軍事ジャーナリスト神浦元彰HP)
>日米同盟協議 米、先送りを通告 「普天間越年」に反発


ランキング、ポチッと一つお願いします。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへblogram投票ボタンbanner2.gif
  以下は、私の仕事のコマーシャル
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆


posted by ほんだ at 08:26| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 食卓から政治・社会を論ず? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、突然お邪魔します。 民主党が政権交代して、よい事もありますが、外交や安全保障は混乱しています。
そして民主党内の旧社会党議員は「外国人住民基本法」を通そうとしています。
この法案は5年間不法にでも滞在していれば、国籍を与え、選挙権や生活保護も日本人と同じに与えようとするものです。
あまりにも優遇しすぎます。又日本を我々が知らない間に社会主義国に作り変えるようです。
今の不況下、お金を使うなら我々のために使って欲しいものです。
もし、あなたの、あるいは将来のお子さんの事をお考えなら、ぜひ下の語を検索して調べてみてください。   失礼しました。      松田
「チャンネル桜動画 」    
「 国民が知らない反日の実態 」

Posted by 松田 at 2009年12月13日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック