情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2010年03月13日

手打ち蕎麦 自游庵 (じゆうあん) 開業

昨年(2015)、手打ち蕎麦 自游庵 (じゆうあん)は閉められました。(2016/8/19)

知り合いで、マキノに I ターンされた方が、お蕎麦屋さんを開業されました。
場所は、高島市マキノ町山中
営業は、毎週土日、11:30〜14:30
建物は、地元の使わなくなった藁葺き屋根の民家。中々雰囲気があります。

ご自分で打たれた手打ちの蕎麦を供するとのことで、
チラシにもある通り、麺が売切れ次第終了と、相当強気。
趣味と趣味と趣味と趣味と、健康活力の維持と、多少の実益とを
兼ねてのことだと推察しますが、
それゆえに、品質はこだわりの一品ということのようです。

一度といわず、何度でも食していただければと思います。

地元にも多少の不動産収入をうみだす、こういうことの積み重ねが、
田舎の地域活性化の一つなのでしょう。
その芽を作った、自游庵の店主さん。
「何も無い不便な田舎」にある種の価値が存在することを、
地元の人々に身をもって知らせることになるのではないかと、期待しています。

土日に、お店の廻りに野菜市などが建つと面白くなるなー、などと勝手に想像しました。

100313soba1.jpg

100313soba2.jpg

  以下は、私の仕事のコマーシャル
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 08:53| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の色々(イベント・歳時記・情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック