情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2006年04月08日

豪雪と茅葺き屋根の被害

久しぶりに、マキノ町在原の親戚の家を尋ねて驚いた。
つらい風景。今年の豪雪により、壊れた茅葺き屋根の家がそこここに見受けられた。

060408_1209~0001.jpg

060408_1208~0001.jpg

在原の地は、全国的に見ても数少なくなってきた茅葺き屋根の集落の一つ。
多分、ブルーシートがある家は、少なくとも地元に所有者がいる。
それのない家は、遠方に出てしまった人の家だと思う。
こんな冬が、高齢者の多い集落に、維持保全の気力をそいで行ってしまい、
一つまた一つと、茅葺屋根の家が取り壊されていきそうで、とても心配になる。
誰か、維持保全してくれる個人が出てきてくれないのだろうか。
山里とはいえ、在来の集落なので、電気、電話、給水はもちろん、
環境行政の進んでいる滋賀県。下水道も完備(農村集落下水道)。
関西電力系のケイオプティコムの光ファイバーが届き、
山間の既存集落のため、TVアンテナの共同受信設備もあり、
町としての基盤はほぼ整備されている。
豪雪地帯ではあるが、人の住んでいるので、必ず除雪は毎日されている。
JRマキノ駅から車で20分。

何とかならないかなー。

なくしたくない風景の一つが、今、風前のともし火状態。


この記事へのコメント
今年の雪はすごかったです!
僕達のお家も雪に少し埋まりました。
僕は脚を怪我してから在原には散歩に行ってませんが、大変な被害ですね。
そういえば、ここ白谷から小荒路に向かう途中の茅葺屋根のお家も屋根の葺き替えをしてました。
Posted by guy at 2006年04月08日 17:47
早速のレスありがとうございます。
いつも、おいしそうな写真を見ています。ちょっと目の毒かも
Posted by 本田 at 2006年04月08日 19:07
はじめてコメントいたします。民家リサイクルから辿り着きました。千葉県に住む者です。

在原には7〜8年前に行ったことがあります。ひっそりと佇む茅葺民家群に驚きと同時に嬉しさがこみ上げてきた覚えがあります。そんな在原がこのようなことになっているとは知りませんでした。できるだけはやく元通りに住めるようになることを希望します。
Posted by やす at 2006年04月22日 02:03
はじめまして、やすサマ。
現状は、長期的にみても、短期的にみても楽観的には考えられないのが現状です。
そのような状態を皆さんに知って頂きたくて・・・
Posted by 本田 at 2006年04月23日 11:43
こんばんは。JMRAの掲示板から入りました。在原の民家の写真の一枚目。これ私の知人の所有民家です。ブルーシートのかかっている部分は、昨年末から葺き替え工事を行っていたところです。私も手伝いに行きましたので、覚えております。現在は工事も完了しましたのでご安心下さい。
葺き替え作業の様子は、http://happy.ap.teacup.com/minka7373/timg/middle_1135344062.jpg
をご覧下さい。
Posted by 小川 at 2006年06月25日 19:40
ブログにお立ち寄り頂きありがとうございました。
古民家等に、熱心に取り組んでおられる様子も拝見いたしました。
Posted by 本田 at 2006年06月29日 07:17
はじめまして。信州 白馬村の民宿マル七です。我家も今年の豪雪で大被害を受けました。茅葺屋根の修理にかかったお金は、200万円超。維持費が大変ですが、残していかなければならないと思っています。
Posted by マル七 9代目 at 2006年07月01日 00:49
ブログにお立ち寄り頂きありがとうございました。
営業的建物であれば、それなりに苦労してでもという考え方の出来ますが、
自己居住用の場合には、景観や伝統などを一人一人の個人に押し付けるわけにも行きません。
そのあたりが悩ましい所だと思います。
Posted by 本田 at 2006年07月02日 07:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック