情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2011年02月20日

今頃になって、第二次管改造内閣

よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
=====================================

今頃になって、第二次管改造内閣。
辞めさせられたのは、
仙石さん、馬淵さん、柳田さん、岡崎さん
仙石さんと馬淵さんは、国会対策。参議院で問責決議が出たため。
柳田さん、岡崎さんは、お二人とも、民主党結党時以来のお仲間のようで、
柳田は元民社党系、岡崎は元社会党系
民主党の元々の母体となるそれぞれの組織の長老(とまではいかないが)。
それらへの論功行賞的人事が、個人の資質の不適から、辞めさせざる得なかった、という感じ。
柳田さんは、「二つ覚えていればいい」というKY発言で、
岡崎さんの方は、元々からかなり元左翼バリバリが、国家公安委員長?ということだったようだ。

それぞれに、やめた人を補充する形で、新大臣がいるのだが、
大畠国土交通大臣の、横滑りという人事が、どうも解せない。
氏の、略歴を見ても、その職に適当な経歴とはいえない。
何だか、柳田(元民社系)がやめてしまって、
何としても、民社系のこの人は残さねばならない、というお家事情のような・・・。

他方、目玉と考えた、与謝野氏の起用、
そのポストを開けるために、海江田氏を経済産業省へ。
海江田氏へは、選挙区で敵同士の人間にポストを与えるためには、
ちゃんとした省という実行部隊の付いた、それもご本人が最も得意とされる分野
への移動というのでなければ、とても承諾されない。
そして、元経済産業大臣を国土交通大臣のポストが丁度空いたので、そちらへ移動、
という、玉突き人事のように思われて仕方がない。

不慣れな分野で今度は、大畠国土交通大臣が失言や情けない答弁をしなければいいのだが・・・


=====以下は、私の仕事のコマーシャル LINK==============
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆


posted by ほんだ at 07:48| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食卓から政治・社会を論ず? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック