情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2006年06月08日

決算

会社設立時の頃のこと、会計事務所さんに相談して、
「決算期いつにしましょう。別にいつでもいいんですけど。」
「それなら、一般的には、12月か3月なので、4月末を決算にして頂くと、
仕事が集中しなくていいんですが。」
とのことで、
ほんだ建築の決算は、4月末。やっと会計士さんに関係帳簿をお預けしました。
少しでも数字が上がってるといいんですが。

でも数字が上がるということは税金をたくさん払うことになるし。

過去にそんな話をしていたら、もう今は地元の木材業界の長老になる方が、
「税金をちゃんと払ろぅて、利益をちゃぁんと金で残しておかな、
会社は大きなっていかへん。内部留保っちゅうやつや。
変に小細工して、税金払うんやったら、何かに使こてしまえっ、てやってたら、
ちっとも会社っちゅうのは発展していかへんでぇ。」
経営ということに関してあまり知識と関心がなかった当時、あまり感じなかったんですが、
今思うとなるほどちゃんと会社を経営されている社長さんの言葉だと思います。
posted by ほんだ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハダと付合いで経済を論ず? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック