情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2016年11月22日

天井川から、農耕の黎明を探る。

先日、隧道でなくなったR1と旧草津川との交差部を通った。
その時、ふと古(いにしえ)に思いを巡らした。

◎往時のR1草津川隧道 「失われゆく土木遺産(その1)」草津川隧道(トンネル)
◎最近の状況 ミヤソル社長のブログ>草津川トンネル : 2016/02/03

まさか、川の土手が自然に高くなる訳もない。
天井川、氾濫した川の真ん中に川道を作り、掘った土砂を両脇に積んで土手(堤防)にする。
古から脈々と繰り返された農業土木事業の結果が今の形になっているのだろう。
氾濫した川を直そう、というモチベーションは、
すでに氾濫したことで農地が損なわれたということがあるから?。
(その農地はもしかしたら稲作ではなかったのかの知れない)

ただ、巨大な土手の断面を見ていると、
この土手を作り始めた時、 既に近江の地に耕作地が広がっていた、
今切り崩された切り口の土手の積み上がった年代を調べる事が可能なら、
「近江の地に「農業」が発生したのがいつごろなのか?」
ということが、わかるのではないだろうか?と夢想した。

もう、既に調査済みで色んな事がわかっているのかもしれない。

広々と広がる田園風景は、弥生時代もしかしたらそれ以前から続く景色ではないだろうか。
琵琶湖も含めそんなランドスケープそのものが、滋賀(近江)の文化財なのだと思う。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 13:49| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック