情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2018年10月17日

宮内庁と堺市が、「仁徳天皇陵」初の共同発掘 とのこと

そんな遠慮せんと、三カ所というなら赤矢印のあたりをお願いすればええのに。
でも、こんな明らかな古墳、すでに盗掘されてるんやろなー。

墓あばき 卑弥呼と古事記 つながるか

マー無理でしょうが、っていうかこの新聞記事からするとそんなことは考えてなさそう。
しかし、仁徳天皇陵→大仙古墳(大仙陵古墳)→大山古墳 はなぜ?

181016news3.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 00:23| 滋賀 ☁| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

東京オリンピックを2ヶ月後に控えた頃の新聞 (古新聞05)

(昭和39年7月20日)◆施設整備に当時もすったもんだあったみたい。

640720news1.jpg


◆王・長島・村山が活躍してた。リーグ勝敗表や打撃成績表のスタイルが、妙に懐かしい。

家にあった古新聞05。意図的に残したものなのか、
タンスの引出しの敷物にしたのがたまたま残ったのかは定かでない。

640720newes2.jpg

640720news3.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 06:58| 滋賀 ☁| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

78年前の昨日 日独伊三国同盟が締結 (古新聞04)

78年前の今日の新聞
その前日(昭和15年9月27日)日独伊三国同盟が締結された記事で一面全面が埋められている。
お祝いムード満載。

400928news1.jpg


記事クローズアップ
お祝いムード満載の記事の中、解説文の最後は「遂にルビコンを渡った」という言葉で締めくくられている。この記者さんは、「賽は投げられた」と言ってカエサルの渡った先がクーデターの「成功」のみであったことだけを示唆して執筆していたのだろうか?

家にあった古新聞04。意図的に残したものなのか、
タンスの引出しの敷物にしたのがたまたま残ったのかは定かでない。
この新聞記事を見つけて、こういうブログ記事を始めようと思い立った。

400928news2.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 01:24| 滋賀 ☁| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

昭和9年 新聞に琵琶湖のスキー船のグラビア写真(古新聞03)

昭和9年2月5日 左上に満州新皇帝となる予定の溥儀夫妻、そして右下に、マキノスキー場へ向かうスキー船の写真。後は梅と信州小諸の氷壁。

昭和5年に開かれたマキノスキー場。京都や大阪から京阪電車と琵琶湖を縦断する船を乗り継いでマキノでスキーというのが、当時は「おしゃれな大人の小旅行」みたいな形で宣伝されていたらしいことがうかがえる。

満州国建国。溥儀さんは、軍閥が跋扈する清を放棄して、日本軍によって治安維持が約束される(と思われた)故郷(清の出自の地)で再出発することを、ある種 正義であり、個人的にも好意的に受け止めていたらしい。

家にあった古新聞03。意図的に残したものなのか、
タンスの引出しの敷物にしたのがたまたま残ったのかは定かでない。
グラビアセクション、っていうのは数枚あったので、残したものなのだろう。

340209news1.jpg


クローズアップ
キャプション―琵琶湖のスキー船 牧野スキー場ゆきの婦人スキーヤーものせて大津から海津へ

320209biwako.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 06:52| 滋賀 ☔| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

昭和7年の新聞広告(古新聞02)

家にあった古新聞02。
意図的に残したものなのか、タンスの引出しの敷物にしたのがたまたま残ったのかは定かでない。

広告かもしれないが、一番古い日付のがこれだった。昭和7年6月1日

「雑音皆無」の蓄音機だとか「生きた馬のように走る自動木馬」だとか、
今なら景品表示法に引っかかりそうなのがいっぱい並んでるのも微笑ましい。

5.15事件・満州国建国・チャップリン来日、などがあった年だそうである。

320601news2.jpg

320601news1.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 08:25| 滋賀 ☔| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

戦後初の衆議院選挙公報(古新聞01)

家にあった古新聞01。
意図的に残したものなのか、タンスの引出しの敷物にしたのがたまたま残ったのかは定かでない。

戦後初の、そして大日本国帝国憲法下での最後の衆議院選挙公報らしい。
この選挙で当選した人達が、今の日本国憲法制定に関わったことになる。
選挙権者の年齢を25歳から20歳に引き下げ、女性参政権を認めた改正選挙法のもとで、行われ、
投票率は男性79%、女性67%に達し、高い関心を集め39人の女性代議士が誕生した、とのこと。

選挙の概要は以下の通り
WIKI−第22回衆議院議員総選挙

こんなんもデジタルアーカイブ化されてるんやなー、と。
衆議院議員総選挙一覧第22回 - 国立国会図書館デジタルコレクション


460421news.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 18:26| 滋賀 ☁| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

びわ湖北端 50軒程の小さな集落である菅浦の「菅浦文書」が国宝に

数日前の京都新聞の一面。
「村落文書としては初の国宝指定」っていうのがいかにも滋賀(近江)らしい。
滋賀県は全国で4位の重要文化財の存する県なのだが、
それらが、路傍の石造物が鎌倉時代のものであったり、
集落の小さな祠や、田舎の小さなお寺の仏さんが室町であったり、
脈々と続き継承してきた民の歴史が存する県なのだ。

天井川だってそうだ。まさか、川の土手が自然に高くなる訳もない。
天井川、氾濫した川の真ん中に川道を作り、掘った土砂を両脇に積んで土手(堤防)にする。
古から脈々と繰り返された農業土木事業の結果が今の形になっているのだろう。
広々と広がる田園風景だって、元々からこんな水平だったわけがない。
うねうねと曲がる川と湿地帯をいつからか開墾した人の作った景色なのだろうと思う。

滋賀県(近江平野)は、昔からずっと人がいたんやなー、という感じ。
でもこういうのって「観光」には結び付きにくい。

関連MYブログ

◆16/10/02 巾20cmの道を歩かないとたどり着けない滋賀の重要文化財
◆10/10/21 マキノ町知内という集落の歴史
◆16/11/12 天井川から、農耕の黎明を探る

ちなみに重要文化財数のTOPは東京(これは全国から中央の博物館や大学(明治大正昭和に財を成した人達が集めたものを展示する私立美術館なども含む)がかっさらっていったから)次が京都でその次が奈良。

180310sugaura.jpg



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:25| 滋賀 | Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

寝正月を決め込んで、日本の3-5世紀を夢想する

ぼんやりと元日を過ごす。

倭国→わ国→我が国(私わし我、日本語で「わ」って自分)
異人の質問に「我が国」って答えたのが「倭国」になった。

卑弥呼→ひみこ→日御子→天照大神(伊勢神宮内宮)
台与→とよ→豊→豊受大御神(伊勢神宮外宮)

邪馬台国→やまたいこく→やまと?→山戸・山門?→河内・瀬戸内海から見ると生駒山地が「山門」になってる奈良盆地??ということは、奈良盆地をヤマトと称すのは外側からの呼称?

女王卑弥呼の伝承が残って、伊勢に祀られることになった。何で伊勢なんやろう。

神武東征の時、河内で一度敗戦、その後、熊野から上陸して奈良盆地を制圧したみたいなあらすじだった。

実は、西方(北部九州?)の勢力が濃尾平野あたりの勢力(熱田神宮の祭神が日本中を暴れまわったヤマトタケルっていうのもなんか示唆的?)と結託して、河内+奈良の勢力を、はさみ撃ちにして制圧して、日本の天皇家の源流のヤマト朝廷ができた。その当時稲荷山古墳出土鉄剣(埼玉・5世紀)が示すように、少なくとも南関東あたりまでは、文化圏の優劣なく豪族が「クニ」を形成し戦国時代と同じような合従連衡がもうすでに可能だった。ただ、ある豪族はその地で安穏に、ある豪族は勢力拡大を、様々なスタンスがあったと思う。

そして神武東征という最大の制圧劇には最大の神社が必要、そして、領地は飛ばされる。だから伊勢に大きなお宮さん。
古い大きな神社は、滅ぼされた(恭順した?)地方領主を祀り、その地域を慰撫するために建てられたらしい。そして、特徴的な建築形式の建物ほど、そこには古くからの強い伝統と勢力を持っていたことになる。出雲・吉備・住吉は、そんな地域。普通は旧領地の中心地に祀られたが、都を据えるその地に旧領主を祀ることはできないので、旧ヤマトだけは神さん毎、同盟国だった(濃尾平野?)の領主の管理する端の方の伊勢に転封された。

征服する側は、現世の都を作ればいい、だから神社はいらない。広島以西には、あまり古い由緒ある有名な神社はない。っていうことは、やっぱり北部九州の勢力が瀬戸内(吉備)山陰(出雲)を併合しながら、最終的に奈良に都を築いた。それは、魏志のいう邪馬台国とは、直系ではない(神話上は直系にしている)。
そして、征服した豪族を全て神とし、無理やり一つのストーリーに仕立て上げたのが古事記なんちゃうかなー、と思う。作った時は、当時の範囲の日本中の人々に、「な、あんたんとこの神さん(元領主)もちゃんとここに入れといたからな」、みんな一つの「日本」なんやで、みたいな意味があった。

日本の代表的な神社の形式は、一間社流造、その源流は京都の下鴨神社。
っていうことは、日本の統治原理が全国津々浦々にまで行き渡るのは、平安時代?かなり多数の地方領主が恭順して、プロトタイプの神社を作った。

ツギハギの知識とちょっとした思いつきの私の正月の妄想です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:58| 滋賀 ☁| Comment(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

天井川から、農耕の黎明を探る。

先日、隧道でなくなったR1と旧草津川との交差部を通った。
その時、ふと古(いにしえ)に思いを巡らした。

◎往時のR1草津川隧道 「失われゆく土木遺産(その1)」草津川隧道(トンネル)
◎最近の状況 ミヤソル社長のブログ>草津川トンネル : 2016/02/03

まさか、川の土手が自然に高くなる訳もない。
天井川、氾濫した川の真ん中に川道を作り、掘った土砂を両脇に積んで土手(堤防)にする。
古から脈々と繰り返された農業土木事業の結果が今の形になっているのだろう。
氾濫した川を直そう、というモチベーションは、
すでに氾濫したことで農地が損なわれたということがあるから?。
(その農地はもしかしたら稲作ではなかったのかの知れない)

ただ、巨大な土手の断面を見ていると、
この土手を作り始めた時、 既に近江の地に耕作地が広がっていた、
今切り崩された切り口の土手の積み上がった年代を調べる事が可能なら、
「近江の地に「農業」が発生したのがいつごろなのか?」
ということが、わかるのではないだろうか?と夢想した。

もう、既に調査済みで色んな事がわかっているのかもしれない。

広々と広がる田園風景は、弥生時代もしかしたらそれ以前から続く景色ではないだろうか。
琵琶湖も含めそんなランドスケープそのものが、滋賀(近江)の文化財なのだと思う。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 13:49| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

巾20cmの道を歩かないとたどり着けない滋賀の重要文化財

数年来「美の滋賀」の端っこに関わった結果、私が滋賀の美や文化財ってこんな感じかなー、
と考えたコピー。

路傍に鎌倉が存し、地に史(ふみ)を蔵す。
景(ケイ)は弥生を映し、祝祭に神代を覚(カク)す。
寺社には 平安室町が残り、町には 江戸明治昭和が残る。
そして、民は 古(いにしえ)の香りをどこかに宿している。


一度、実物見たかった、重要文化財の竜王町島の石塔(鎌倉時代とのこと)
この石塔は、滋賀の文化財の有り様を最も端的に表しているモノの一つと思う。
バランスは良く、それなりに美しいが、
頂部はなくなり、表面は数百年の年月を写している。
そして、圃場整備された広々とした田園風景の中に、ポツンとある
石塔への参詣道は、草の絡みつく巾20cmの既製品の畦畔ブロックだった。

IMG_1506.JPG

滋賀の文化財は、このような田んぼの中や小さな集落が護持する小さなお堂に点在する。
広々と広がる稲作の田園風景は、弥生時代から続く景色ではないだろうか。
まさか川の土手が自然に高くなる訳もなく、
天井川も古から脈々と積み上げられた、農業土木事業そのものだ。
琵琶湖も含めそんなランドスケープそのものが、滋賀(近江)の文化財なんだ。

点数は多いが、薄く広く広がっている滋賀の文化財を
観光収入に結びつけるのは、中々むつかしいなー、と思う。

IMG_1504.JPG

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:39| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

高島 鴨稲荷山古墳

160724kamo1.jpg

おはようございます。今朝の京都新聞に鴨稲荷山古墳の記事。
訪れるたびに、その石棺の歴史的価値に比べると、
余りにも貧相な覆屋に情けない思いがするのである。

スケッチのようなことできないかなー。無駄な公共投資かもしれないけど、
古墳時代に想像を逞しくできるランドスケープ(屋外空間)構成できればいいのに、
それに見合う歴史的資料がそこにあるのに、もったいないなー、と思う。

160724kamo2.jpg
鴨稲荷山古墳整備計画私案(笑)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 08:08| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

近江の古地図

=========================================
MY facebook ページ (最近、こちらの方が更新が多くなっている)
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 のfacebookページ
Vipoヴォーリズ今津郵便局project のfacebookページ
滋賀県立大学 田の浦FunClub滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトlink
=========================================

滋賀の1837古地図。だそうです。ちょっと調べてみたら面白い。
1837は、天保8年、
徳川家慶12代将軍が、即位したのが、天保8年4月2日。新将軍になって、石高改定の調査した??
高島市の集落はほとんど現在と同じ。
ただ、道の繋がりは、違うのか間違っているのか、今と異なるところも沢山ありました。
私の集落知内は900石だったそうです。

日本の税徴収に使われた200年前の古地図「近江国絵図」を
スタンフォード大学がデジタル化


=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ、住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興です。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 07:11| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

昭和20年8月15日の昭和天皇の一日

=========================================
MY facebook ページ (最近、こちらの方が更新が多くなっている)
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 のfacebookページ
Vipoヴォーリズ今津郵便局project のfacebookページ
滋賀県立大学 田の浦FunClub滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトlink
=========================================

少しくどいかもしれませんが、昭和20年8月15日、70年前の今日。
新聞をとっておくということは、殆ど無いのだが、
昨年(2014)宮内庁から広報された、昭和天皇実録の新聞は、残してある。

昭和天皇は、6:40 起き抜けに、陸軍のクーデターの報告を受ける。
この記録では具体的にどのように制圧されたのかは分からないが、
7:35には、制圧の報告を受ける。
正午をまたぎ、枢密院会議を開き、玉音放送はその会議を中断して、みんなで聞く。
午後には、総理大臣の交代の裁可をする。
当日、鈴木総理大臣(77)は代わり、阿南陸軍大臣(58)は、自刃して果てる。
大臣は代わるが、天皇(44)は代わることはなかった。
150815war.jpg

=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ、住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興です。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 06:38| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

昭和20年8月14日の昭和天皇の一日

=========================================
MY facebook ページ (最近、こちらの方が更新が多くなっている)
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 のfacebookページ
Vipoヴォーリズ今津郵便局project のfacebookページ
滋賀県立大学 田の浦FunClub滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトlink
=========================================

新聞をとっておくということは、殆ど無いのだが、
昨年(2014)宮内庁から広報された、昭和天皇実録の新聞は、残してある。
昭和20年8月14日、70年前の今日、
昭和天皇は、8:30には、打合せを始められ、
その後断続的に、戦争終結の会議・打合せ・裁可手続き事務をされ、
その会議で承認された詔書案(有名な玉音放送)を、
23:20〜0:20に、録音されたとのこと。

終戦の最終決定の御前会議のとき
昭 和 天 皇 44歳
鈴木総理大臣 77歳
阿南陸軍大臣 58歳
米内海軍大臣 65歳

宮内庁が公表した昭和天皇実録ということで、
どれくらいバイアスがかかっているのかは分からない。
しかし、従前の方針を180°転換するその会議の結論をまとめることを出来たのは、
昭和天皇しかおられなかったのだろう、と思う。

150814war01.jpg

150814war02.jpg

=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ、住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興です。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 08:04| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

墓地掃除をしながら、ぼんやりと考える

=========================================
MY facebook ページ (最近、こちらの方が更新が多くなっている)
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 のfacebookページ
Vipoヴォーリズ今津郵便局project のfacebookページ
滋賀県立大学 田の浦FunClub滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトlink
=========================================

お盆の季節である。写真は昨年のお盆の写真。
もう墓標もなく土饅頭なってしまった祖父母の埋葬地の草刈りを、今日しました。
例年と同じように綺麗になりました。

暑い中、草を刈っていて、ふと「円墳」を考えた。
この形を立派に整えたのが円墳だろう。
そして、前のお供えする場が、前方後円墳の「前方」なのだろう。
前方が台形になっているのは、高貴な人が、家来を引き連れて式典をしたら、
TOPから末広がりの場所が必要だったんじゃないか。
空想が空想を呼ぶ。
こんな風に、歴史は、年号を覚えることじゃなく、
「資料を考察する」学問なのだ、って教えてくれたのは、
いつものつまらない授業じゃなく、
たまたま、中学校に赴任した、教育実習の若い「先生」の
多分、数回にも満たない授業だった。
当時は、大人に思えたが歳の差が7,8歳。今頃、どうされているのだろう。

140814boti.jpg

=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、かつ、住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興です。また、地元で長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 21:35| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

大船鉾という「山鉾」が復興されたというニュース

=========================================
ほぼ100%高島産の木と高島の職人による モデルハウス売却します(設計担当)
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観のfacebook
滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
=========================================

再度、この前の京都新聞の祇園祭ネタ。

大船鉾という「山鉾」が復興されたというニュース。

「この前」焼失したのが禁門の変、っていうのもナカナカ。
再建の技術協力が、一級建築士っていうのも、
全く知らない方ではありますが同業者としてなんだか誇らしい。
このような、絶えることのないリニューアルが「伝統」なのだろう。
そして、このように無くなってもまた鉾を再興できる保存会が営々と存続している
「京都の町」の経済社会そのものこそが「伝統」なのだろう。

140704gion1.jpg

140704gion2.jpg

=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 00:39| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

祇園祭の京都新聞の全面広告

=========================================
ほぼ100%高島産の木と高島の職人による モデルハウス売却します(設計担当)
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観のfacebook
滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
=========================================

つい先日の、京都新聞の全面広告。

茶事や祭など、京都新聞の歳時記的広告や記事は、
(歴史的重層のある)「京都」ならではやなー、と思うのである。

各鉾の御朱印?集めただけで、一幅の版画になる
市井の人々の年月の積み重ねからなるデザイン的洗練に、感動したのでした。

今年の祇園祭のメインも例年通り7/14〜17だそうです。

http://kyoto-design.jp/special/gionmatsuri/schedule

20140701gion.jpg


=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 06:49| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

戦国武将とびわ湖の景色

滋賀県立大学,田の浦ファンクラブ滋賀サポートチームが関わっている震災復興プロジェクトlink
ほぼ100%高島産の木と高島の職人による家づくり>モデルハウス完成!(設計監理を担当)
よろしければ、MYブログご訪問のよしみでポチッと一つお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
=====================================

先日は、対岸の山がとても良く見えました。
びわ湖東岸を駆け抜けた戦国の武将に思いを馳せてみた。

写真を、3回クリックすると元データと同じ画像の大きさ、山にまつわる戦国武将たち。
121101biwako2.jpg

もう少し大きいデータの画像。これも3回クリック。パノラマ感出ていると思います。
121101biwako.jpg

=====以下は、私の仕事のコマーシャル==================
ほんだ建築トップページへ ◎ブログランキング blogram投票ボタン banner2.gif
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 17:53| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

顕如と織田信長

息子は曲がりなりにも龍谷大学を卒業した。
その関係で、時々大学からの書類などが届く。
大概は保護者会などの関係なのだが、先日は息子が専攻した科目の関係なのか
「佛教史研究 2009.7 No.45」 という、小冊子が送られてきた。
息子がそこへ行っていなければ、
多分一生、目にすることもなかっただろうその冊子を少し暇に任せて読んでみた。

その中の一文 − 信長の「天下」と一向一揆

この一文は、主に石山本願寺開戦に至る経緯を、様々な書状などから分析している。
難しい原文を読み飛ばして、あらすじをつかんでみると以外と面白かった。
信長と戦った摂津石山本願寺の顕如上人は、
私のイメージでは、各地で起こる民衆の蜂起である一向一揆の総本山、
当時の虐げられた庶民の代表のような感じで受け止めていたのですが、
実際は、奥さんは公家の娘、蓮如上人から続く本願寺の興隆で、
既に、公家や室町大名からの縁故関係の係累も多くなっていた、貴種といっていい人物。
大教団の世襲制度の中の一人だったということは、以外だった。

以下は私の読後感

結局、信長の石山本願寺戦争や比叡山の焼き討ちなどの行為は、
宗教弾圧などということとは少し違うようだ。
室町幕府の衰退に伴い、
宗教集団が独自で治外法権のような自治権を各地で蚕食獲得するようになってきた。
それを、信長という人物が絶対に許さず、徴税・警察・軍事面で、
統一国家としての体(テイ)を作り上げるための行為だったようだ。
国家の体というのは、中々大変なようで、
江戸時代でも、戸籍というものは存在せず、お寺が管理する檀家の名簿が、
それの代わりとなっていた。とのこと。
戦国時代なら、なおさらまだ公家や寺社の影響力が多方面で相当強かったのだろう。

ランキング、ポチッと一つお願いします。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへblogram投票ボタンbanner2.gif
  以下は、私の仕事のコマーシャル
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
はじめて家をと考えている方へMYブログ08/09/08-みんな打合せをうまく進めたい
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 06:06| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

古墳の丸太垣は死者の魂を封じ込めたい??

奈良・桜井茶臼山古墳:王墓囲う「丸太垣」 神聖な空間を区画−−初確認という記事

何で、考古学に関する新聞の記事は、すぐに呪術とか神性とかいう言葉をすぐに持ち出すのだろう。
素直に考えれば、まだ日本という統一国家が芽生えるかどうかという時期、
他の部族に自分の王の墓を荒らされてはたまらない。
それこそ、その部族の存続のアイデンティティに関わること、
当時の時代の各部族存亡の闘争という生々しい現実の跡
と、考えるのが常識的だと思う。
古事記や日本書紀の※※(例えば出雲)の「神」という言い回しも、
出雲地方の「統治者」という意味合いで考えると
それなりに、色々な歴史が古文書から類推できる、
というような本も読んだことがあります。
そういうと、江戸時代でも、勝安房守は、「カツアワノカミ」
と「カミ」という韻を踏んでいます。
古代の事になるとすぐに、変な呪術的な方向へ話が捻じ曲げられるような気がしてなりません。
科学的知識の集積量は異なりますが、今も古代人も、
物事を、合理的に行おうという考え方には何ら変わりがないのではないかと思います。
埴輪の目の大きいやつも、呪術的な誇張というよりは、
じっと見ていると、どのような理由かはわかりませんが、
新生児を写実的にかたどったように見えるのは私だけでしょうか?
物事を、今の常識的思考で考えてみてはと思うのですが・・・

ランキング、ポチッと一つお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへblogram投票ボタンbanner2.gif
  以下は、私の仕事のコマーシャル
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから

地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。地場で仕事が
完結すること自体、ヒトやモノの移動エネルギーが少なくてすむ環境負荷の少ない選択であり、
かつ 住宅建築は個人ができる身近でとても大きな地域振興でもあります。   また、地元で
長く仕事を続けられているということこそが品質をおろそかにしなかった証拠ではないでしょうか。

☆☆ とりあえず、ハウスメーカーを選択肢から外して、家作りを考えてみませんか ☆☆
posted by ほんだ at 20:37| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

今日(08/10/15)珍しくTV番組に感動しました

ちょっと感動してしまったので、
今日NHKのTV番組で放送された番組の書籍の序をインターネットから転載しました。

その昔この広い(※1)は,私たちの先祖の自由の天地でありました.天真爛漫な稚児の様に,
美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼等は,真に自然の寵児,なんという幸福な人だちであったでしょう.
 冬の陸には林野をおおう深雪を蹴って,天地を凍らす寒気を物ともせず山又山をふみ越えて(※2)を狩り,夏の海には涼風泳ぐみどりの波,白い鴎の歌を友に木の葉の様な小舟を浮べてひねもす魚を漁り,花咲く春は軟らかな陽の光を浴びて,永久に囀(さえ)ずる小鳥と共に歌い暮して蕗(ふき)とり蓬(よもぎ)摘み,紅葉の秋は野分に穂揃うすすきをわけて,宵まで(※3)とる篝(かがり)も消え,谷間に友呼ぶ鹿の音を外に,円(まど)かな月に夢を結ぶ.嗚呼なんという楽しい生活でしょう.平和の境,それも今は昔,夢は破れて幾十年,この地は急速な変転をなし,山野は村に,村は町にと次第々々に開けてゆく.
 太古ながらの自然の姿も何時の間にか影薄れて,野辺に山辺に嬉々として暮していた多くの民の行方も亦いずこ.(※4)は,進みゆく世のさまにただ驚きの眼をみはるばかり.しかもその眼からは一挙一動宗教的感念に支配されていた昔の人の美しい魂の輝きは失われて,不安に充ち不平に燃え,鈍りくらんで行手も見わかず,よその御慈悲にすがらねばならぬ,あさましい姿,おお亡びゆくもの……それは今の私たちの名,なんという悲しい名前を私たちは持っているのでしょう.
 その昔,幸福な私たちの先祖は,自分のこの郷土が末にこうした惨めなありさまに変ろうなどとは,露ほども想像し得なかったのでありましょう.
 時は絶えず流れる,世は限りなく進展してゆく.激しい競争場裡に敗残の醜をさらしている今の私たちの中からも,いつかは,二人三人でも強いものが出て来たら,進みゆく世と歩をならべる日も,やがては来ましょう.それはほんとうに私たちの切なる望み,明暮(あけくれ)祈っている事で御座います.
 けれど……愛する私たちの先祖が起伏す日頃互いに意を通ずる為に用いた多くの言語,言い古し,残し伝えた多くの美しい言葉,それらのものもみんな果敢なく,亡びゆく弱きものと共に消失せてしまうのでしょうか.おおそれはあまりにいたましい名残惜しい事で御座います.
 (※5)に生れ(※6)の中に生いたった私は,雨の宵,雪の夜,暇ある毎に打集って私たちの先祖が語り興じたいろいろな物語の中極く小さな話の一つ二つを拙ない筆に書連ねました.
 私たちを知って下さる多くの方に読んでいただく事が出来ますならば,私は,私たちの同族祖先と共にほんとうに無限の喜び,無上の幸福に存じます.

以上は大正十一年三月一に上奏された知里幸惠編訳「アイヌ神謡集」という本の序です。
伏字の部分は、
(※1)北海道(※2)熊(※3)鮭(※4)僅かに残る私たち同族(※5)アイヌ(※6)アイヌ語、です。
でも、今この文章を見ると、伏字の部分がどんな言葉にでも置き換えられて、
現代の文明を批評できる、とても普遍的な文章に思えます。
およそ80年前の文なのですが、今書かれたとしても色あせていない、凄い文章です。
19歳で亡くなった、アイヌ人女性の最初で最後の本だそうです。

ブログランキング、ポチッと一つお願いします。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ banner2.gif

以下、私の仕事のコマーシャルです。
マキノのほんだ建築は、ただいま工事中 滋賀咲くBlog 内の会社のブログ)
土地込み940万円のセカンドハウスのプランを作りました(インフォメーション08/04/02)
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます。(インフォメーション08/02/11)
ほんだ建築トップページへはこちらから
地域特性に造詣の深い地場の工務店や設計士を見直して頂ければと思います。
地場で仕事が完結する事は、ヒトやモノの移動が少ない環境負荷を軽減する選択であり、
かつ、住宅建築は個人ができる、大きくて身近な地域振興でもあります。
posted by ほんだ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史に興味が | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする