情報交換がリアルタイムである必要がないこのブログ。過去の記事でもお気軽にコメント下さい

2018年12月19日

建仁寺 法堂 他

◆法堂の双龍は有名だそうで。2001の小泉淳作氏の作とのこと。
IMG_4721.JPG

◆本坊入り口のお像(韋駄天)がカッコよかったので
IMG_4760.JPG

◆大書院の「喝!」って叫んでるような掛け軸の吹き出しが左側の屏風のように思えて可笑しかったので
IMG_4748.JPG

◆茶室「東陽坊」庇がタレてるのかなーと思ってよく見ると、そのような作りらしい。
IMG_4732.JPG

◆茶室「東陽坊」小さな窓が開いていたのでそこから内部を
IMG_4737.JPG

◆巨大で立派な硯がオブジェになっていた。
IMG_4729.JPG

◆最後にもう一度、法堂の双龍と列柱と
IMG_4719.JPG

打合せと打合せの間に時間が空いたので建仁寺へ行ってみた。受付で拝観料を払うとき「撮影自由です」とのことで、いっぱい撮りました。おしまい。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 08:16| 滋賀 ☀| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

建仁寺 禅居庵 他

「建仁寺 禅居庵」来年の干支、亥の寺として有名なんだそうで。

◆手水鉢もイノシシ。その給水管隠しも御影石のたたき。それも手水鉢の石の曲線に合わせてピッタリと加工して後付されてる。京都らしい丁寧さやなー、と。
IMG_4763.JPG

◆詰め組みと小口の胡粉が派手な組物と、疎ら垂木の形式がちょっとアンバランスかなー。本体と玄関庇の軒先巴瓦の模様が違うのは何でかなー。
IMG_4764.JPG

◆檜皮葺の上から瓦を葺いたみたい。
IMG_4765.JPG

◆きれいに手入れされてる塔頭やと思ったら、拝観謝絶、中も立派なんちゃうかなーと思う。(久昌院)
IMG_4768.JPG


打合せと打合せの間に時間が空いたので建仁寺へ行ってみた。受付で拝観料を払うとき「撮影自由です」とのことで、いっぱい撮りました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:13| 滋賀 ☀| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

○△□の庭と桐紋と、建仁寺

◆○△□の庭に面する小書院座敷には○△□の掛け軸が。竿縁の床刺しはあかんって常識なんやけど、そういう古い建物時々あるよなー、と。
IMG_4745.JPG

◆○△□の庭、○は真ん中、□は井戸、△は手前の斜めの線が形作ってるとのこと。(著作権フリー素材より拝借)
u0611_1564z.jpg

◆寺紋(桐紋)がそこここに、唐破風門鬼瓦に
IMG_47161.jpg

◆寺紋(桐紋)がそこここに、大書院 書院欄間障子に。中々この格子はアクロバットやなー、と。
IMG_4749.JPG

◆寺紋がそこここに、大書院 床の間畳縁に。畳縁までオーダーで織れるんやなー、と感心。琵琶棚の中央の花瓶の跡みたいのも、使ってる感があって好感が持てた。
IMG_4752.JPG

打合せと打合せの間に時間が空いたので建仁寺へ行ってみた。受付で拝観料を払うとき「撮影自由です」とのことで、いっぱい取りました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 05:54| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

どうも、廊下や通路の一点透視的なアングルが好きみたいで。

建仁寺 茶室東陽坊近傍の渡廊下
IMG_4736.JPG

建仁寺 ○△□の庭越しに方丈北側の回廊を見る
IMG_4759.JPG

建仁寺 本坊(庫裏)玄関吹抜け見上げ
IMG_4712.JPG
  
建仁寺 式台(貴人口玄関?)アプローチ
IMG_4769.JPG

建仁寺 方丈東側廻廊 吹寄せ横桟縦繁桟 舞良桟付き腰高 紙張障子
IMG_4723.JPG

建仁寺 本坊西側廻廊 屋根の重なりの段差の雨よけの板みたいのが面白くて
IMG_4714.JPG

建仁寺 枯山水方丈前庭
IMG_4726.JPG

受付で拝観料を払うとき「撮影自由です」とのことで、いっぱい取りました。
打合せと打合せの間に時間が空いたので建仁寺へ行ってみた。

# 建仁寺 # 京都 # 建仁寺方丈 # 建仁寺小書院 # 引手 # 鳥羽美花 # 襖絵


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 06:26| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

建仁寺の新旧の襖絵

打合せと打合せの間に時間が空いたので建仁寺へ行ってみた。
受付で拝観料を払うとき「撮影自由です」とのこと。中々建物の中の襖絵を撮らせてもらえるところはないのでいっぱい撮りました。全て超精密複製品とのこと。何で建仁寺さん、こんな大らかなんかなー、と思ってました。聞くまで全然わかりませんでした。
CANON:綴プロジェクト
博物館の展示ケースの中の部分々々の本物より、元あった場所に一同に納まった複製品の方に、シロウトの私は見ごたえを感じる。

IMG_4724.JPG

IMG_4725.JPG

IMG_4727.JPG

IMG_4742.JPG

建仁寺小書院襖絵、建仁寺には、現代作家の襖絵もあった。
染色作家鳥羽美花の舟出という作品とのこと。
私的には和室に青は合わんなー、とは思うのだが迫力に驚く。
鳥羽美花オフィシャルサイト
IMG_4754.JPG

◆フスマの引手はどっかで見たなー、と探してみると、
桂離宮の庭の茶室の一つ、笑意軒の櫂形引手の写し。
向こうは黒一色だが、こちらは、銅細工?で引手底が七宝焼きのよう。
襖絵に合わせて中々華やかである。
IMG_4757.JPG

◆最初の写真の男の人が眺めてる景色がこんな感じ、
潮音庭というお庭の紅葉です。
IMG_4758.JPG

# 建仁寺 # 京都 # 建仁寺方丈 # 建仁寺小書院 # 引手 # 鳥羽美花 # 襖絵


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 06:30| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

紅葉の建仁寺

打合せと打合せの間に時間が空いたので建仁寺へ行ってみた。

撮す人 モデルになる人 荷物持ち しゃがんで落葉を 拾う人
IMG_4731.JPG


方丈前庭枯山水。きれいやなーと何枚も写真撮ってたのですが、
IMG_4726.JPG

IMG_4717.JPG


その秘密兵器?見つけました。
IMG_4740.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:06| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

奈良、吉野の山の200年生以上の杉林

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行15

◆吉野の200年生以上の杉林にも行ってきました。

IMG_4396.JPG


◆吉野の200年生以上の杉、中々の迫力。
このあたりの山の杉で、京都迎賓館の12m通しの杉の天井板を出したそうです。
記事中「中杢板長さ十二メートルで五百ミリ幅の天井板」っていうことは、地上13mくらいで500×√2=約直径700mm、根元でも900mmくらいまでの末落ちの少ない良質の巨木で、数枚表裏計10枚くらいした取れないということやなー。
京都迎賓館 大広間 きれいな写真

IMG_4400.JPG


◆これを使って、本物の吉野杉をクロスのように貼れる商品を
一般社団法人吉野かわかみ社中が開発されたそうです。
「吉野林業を次の500年へ」一般社団法人吉野かわかみ社中

IMG_4405.JPG


◆地図で見るとBの辺りかなー、グーグルの写真でも樹冠が大きい。
Aは、多分ダム湖の移転補償。ハウスメーカーっぽい数個の住宅は、
10〜20年もすれば空き家群にならないかと心配。

181118dam.jpg


◆最近の作業機械が入れる林道整備。その場の間伐材を利用している。

IMG_4393.JPG


◆他にも、いろんな工夫もされてるようです。

IMG_4397.JPG


◆そんな最近の林業の基盤整備のお話を山林経営者の方からお伺いしてきました。

IMG_4399.JPG


◆ダム湖の湖面がきれいだったので

IMG_4392.JPG

IMG_4407.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 08:04| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

金峯山寺&吉野山

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行14

仁王門(国宝建造物)は修理中

181118nioumon.jpg


でも、なんとか軒組物の写真撮ってみました

IMG_4359.JPG


金峯山寺 蔵王堂(国宝建造物)

IMG_4360.JPG


外陣からの眺望がきれいだったのですが写真不可ということで、ちょっと斜めから

IMG_4364.JPG


金峯山寺 蔵王堂 軒裏

IMG_4362.JPG


金峯山寺 蔵王堂 縁列柱

IMG_4365.JPG


宝篋印塔?が立派だったので

IMG_4361.JPG


この立派な小さい造形物は何かなー?、と思ったら

IMG_4368.JPG


雨戸戸袋でした。(吉野朝宮跡妙法院)

IMG_4369.JPG


吉野下千本の絶景のサクラを見たつもり

IMG_4385.JPG


もう一枚、私は桜の時期の混雑には耐えられそうにないので

IMG_4388.JPG


駐車場のこの枝垂桜も見事なんだろーなー、と。

IMG_4389.JPG


最後にもう一度、金峯山寺 蔵王堂(国宝建造物)

IMG_4377.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:28| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

訳のわからない小物達と「何か、昭和やなー」っと思ったお店と

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行16

◆ガレのランプじゃないわなー、しかし自然木?(吉野山)

IMG_4384.JPG


◆チェーンソーアート(吉野山)

IMG_4380.JPG


◆打ち捨てられたうさぎ?(吉野山)

IMG_4379.JPG


◆サクラカラー(吉野山)

IMG_4378.JPG


◆のれん(吉野山)

IMG_4381.JPG


◆看板(吉野山)

IMG_4390.JPG


◆DCブランドも遠い昔(奈良町)

IMG_4297.JPG


◆看板(奈良町)

IMG_4300.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 01:06| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

吉野は、室町、南北朝時代、南朝の地やったんや。

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行13

◆吉野山下千本あたり。金峯山寺の境内から象徴的に見えた八角の塔。

IMG_4366.JPG


◆南朝妙法殿というらしい。そうか、吉野は南朝の地やったんや。

IMG_4367.JPG


◆パンフレットの吉野の空撮を見ると、南朝が山嶺の街道沿いにできた要塞都市やったんやなー、ということがよく分かる。

181101吉野01.jpg


◆普通日本の集落では川沿いなど水の豊かな場所に位置する。ここで水どうしたんやろう?金峯山寺の異様に大きな雨トイ受けの鉢。雨水を利用するための天水桶やったんやろか?そうであったにせよ、なかったにせよ、こんな面倒なところに町ができるには、それなりの理由があったんやなー、と思う。

IMG_4363.JPG


◆金峯山寺蔵王堂、国宝。矢印が巨大な雨トイの鉢

IMG_14360.JPG


◆山嶺の街道を見る。ここ歩いてるときから、山嶺の街道って変わってるな、と感じてた。

IMG_4358.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:32| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

奈良町に面白いアイアンの看板がいくつもあった

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行12

奈良町から奈良公園へ朝の散歩。看板を拾ってみる。この辺り、鉄の加工屋さん多いんだろうか?面白いアイアンの看板がいくつもあった。

◆面白いアイアンの看板 バー時 これを最初に見つけてから、アイアンの看板が目につきだした。錆の具合も何とも
IMG_4279.JPG


◆面白いアイアンの看板 チェリーズスプーン

IMG_4303.JPG


◆面白いアイアンの看板 バンブーノ

IMG_4311.JPG 


◆面白いアイアンの看板 KARAKU

IMG_4283.JPG


◆これは看板ではないのだが錆びた鉄板にパンチング。裏側に照明などを企んでいるのだろうか。近日竣工しそうな「セトレならまち」設計は滋賀県立大学の芦澤さんとのこと。

IMG_4315.JPG

以下はアイアンとは関係ないのだが。

◆これは最近の設計の商業集積施設の看板。チョイらしいかなー、と思って

IMG_4333.JPG


◆大企業の看板は控えめである。昭和っぽい建物と相まって、看板も昭和っぽい

IMG_4282.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 01:57| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

奈良公園 大仏殿 南大門 以外

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行07

◆東大寺戒壇堂 砂の模様がキレイだったので

IMG_4351.JPG


◆東大寺ミュージアム 衆生を救う掌?が圧倒的だったので

IMG_4343.JPG


◆興福寺五重塔と菩提院 天平の甍の重なり、でもないかもしれないけど

IMG_4318.JPG


◆記念碑の面白い文字 有名な書家の手なんだろうな、と思って

IMG_4337.JPG


◆公衆トイレも威厳がある(笑) 案内板も堂塔の伽藍配置っぽく見える

IMG_4334.JPG


◆由緒有りげなのに何の説明もない 後で調べたら春日大社東塔跡?

IMG_4323.JPG


◆タモリみたいだけど、奈良公園って断層っぽい起伏あるなー、と思って

IMG_4316.JPG


◆最後にベタだけど、猿沢の池と興福寺五重塔 

IMG_4312.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 03:56| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

私の好きな建築、東大寺南大門

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行06 

奈良へ行ったらやっぱり重源さんの東大寺南大門は私的に外せない。余りにもベタで予定には入ってなかったので朝の散歩で一人で行く。貴重でかつ特徴的な国宝の鎌倉時代の木造建築物がタダで見られる。行かれた際は、門をくぐるだけでなく、力士像も含めてじっくり観て頂ければと思う。

以下のリンクは、南大門の私の好きなところも含めて上手に解説していた。
奈良県・東大寺の南大門の「見どころ(建築様式など)・歴史・大きさ・作った人」

よく、釘が一本も使ってない、巧妙な木の組み方 という表現がこういう建物に用いられる。
これは多分 誤解。釘は、使なかったのではなく、使なかった

資材を大量に用いて大きなものを構築する場合、
身の回りの手じかにあるものを利用するのが当り前。
古代、鉄は部品として大量に使用するような物ではなく、
相当に貴重な、刃物などの道具として生産される物。
鉄が今日のように大量に生産できるようになったのは、日本では溶鉱炉が出来た明治以降。
古建築は、当時の日本人が、当時の資材と技術と能力を使って、
合理的に作ろうとした結果そうなっただけのこと。
現代の常識にとらわれ歪んだ褒め方をせず、古建築の良さを楽しみたいものだと思います。

◆近づいてきた。

IMG_4336.JPG


◆正面。東大寺は「大華厳寺」というのか知らん?

IMG_4338.JPG


◆軒組見上げ

IMG_4339.JPG


◆仁王像と内部見上げ

IMG_4340.JPG


◆木組みと青空と

IMG_4342.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 00:28| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

初、平城宮跡歴史公園

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行05

◆朱雀門遠望、ずいぶん茫漠とした所に建っているなー、と思ったのだが、発掘調査によって、朱雀大路が道幅74m、二条大路が道幅37mで、往時の状態を復元しているとのこと。矢印の石柱が道の区域を示しているらしい。

IMG_4260.JPG


◆朱雀門、側面近くから

IMG_4257.JPG


◆朱雀門、軒裏見上げ

IMG_4254.JPG


◆朱雀門前より南東方向、平成いざない館をみる

IMG_4256.JPG


◆大極殿模型側面から(平成いざない館展示)

IMG_4262.JPG


◆大極殿模型正面から(平成いざない館展示)

IMG_4263.JPG


◆平成いざない館の展示が奮ってる、出土瓦

IMG_4264.JPG


◆平成いざない館の展示が奮ってる、木簡

IMG_4265.JPG


◆平成いざない館中央コンコース?、だだっぴろいとも感じるくらいの建物。入館料無料・写真撮影フリー、流石に国営は太っ腹である。

IMG_4266.JPG


◆朱雀門前より南西方向、観光交流施設をみる

IMG_4259.JPG


◆天平うまし館(トリスミ大断面集成材使用とのこと)

IMG_4269.JPG


◆天平うまし館より遣唐使船オブジェを見る

IMG_4270.JPG


◆バスターミナル上屋(トリスミ大断面集成材使用とのこと)

IMG_4272.JPG


◆もうちょい、塀伸ばしといたら、と思う。

IMG_4261.JPG


◆再度朱雀門、見上げ

IMG_4258.JPG


◆再度朱雀門、正面

IMG_4252.JPG


◆時間が夕方だったので門扉が開いてる時と閉まってる時の写真が撮れた。

IMG_4268.JPG


◆最後に菊と朱雀門。初、平城宮跡歴史公園おしまい。

IMG_4267.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 03:41| 滋賀 ☀| Comment(2) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

東大寺はやっぱり奈良の象徴やなー、と

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行04

目指して&振り返りつつ、どこからでも東大寺の鴟尾(しび)が見える。
東大寺はやっぱり奈良の象徴やなー、と。

◆金色に光る鴟尾が見えてきた。景観配慮?コインパーキングも樹脂の敷物を敷いた上に砂利敷き

IMG_4329.JPG


◆参道を横切る小径を急ぐ通勤途中のサラリーマンが突然、大仏殿に向き直り直立、一礼して去っていった。

IMG_43441.jpg


◆とりあえず、真正面から

IMG_4345.JPG


◆脇から。なんかええなー、と。

IMG_4347.JPG


◆振り返りつつ、以外と起伏あるんやなー、と。

IMG_4348.JPG


◆振り返りつつ、一つだけきれいな紅葉を見つけて

IMG_4349.JPG


◆振り返りつつ、参道の竹垣の影が面白かったので

IMG_4352.JPG


◆ピンボケですが、実は一番最初に見つけたのはホテルの窓から

IMG_4275.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:58| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

奈良公園 鹿と観光客は多い

滋賀県建築士事務所協会研修奈良旅行02

◆朝も早いのに修学旅行客多し。

IMG_4353.JPG


◆正倉院展は入場の長い行列を見越してパイプやロープが準備されていた。広場には、仮設テントの売店も設営されていた。

IMG_4326.JPG


◆朝の散歩に地図をと、ホテルのチラシ置き場からをすっと抜いて歩き始めてみたら、中国語と英語だけのパンフレットだった。散歩の足を伸ばしすぎて帰りはタクシー。「正倉院展日本人好きですねー。外国人は少ないでしょう。正倉院展の期間は旅行代金が上がるらしく欧米人も中国人もぐっと減ります。それ以外の期間だと90%外国人ですよ、最近は」とはタクシー運転手さんの弁。

181101奈良01.jpg


◆樹下休鹿 図(どうしても鹿を撮ってしまう01)

IMG_4322.JPG


◆樹皮食害攻防 図(どうしても鹿を撮ってしまう02)

IMG_4324.JPG


◆欲撮影鹿下俯 図(どうしても鹿を撮ってしまう03)

IMG_4350.JPG


◆南大門基壇鹿雲古点在 図(どうしても鹿を撮ってしまう04)

IMG_4341.JPG


◆寂寞角切後雄鹿 図(どうしても鹿を撮ってしまう05)

IMG_4325.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 16:09| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

櫟野寺 三十三年ぶりの大開帳 湖東05 end

実は今回 櫟野寺 三十三年ぶりの大開帳 がお目当てでした。
御開帳の仏様の方はリンクからご覧下さい。

IMG_4168.JPG

IMG_4170.JPG

IMG_4169.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 02:14| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

道に迷ったところでひょっこり見つけた、野口謙蔵記念館 湖東04

◆道に迷ったところでひょっこり見つけた、野口謙蔵記念館(東近江市綺田町)故人のアトリエを平成3年に復元された、とのこと。20帖ほどの画室と広縁風の前室、それに多分トイレ台所が付属した小さな建物。集落の北の端の位置に建てられたのは、写真で見る通り、安定した光の入る北側の大きな窓からは、何の障害物もない田園風景が広がっていたからだろうか。木造平屋の小さな建物には、東京国立博物館に所蔵されているという油絵の質の悪い複製(コピー?)何点かと、少しのスケッチ(スケッチは本物)が展示されていた。こういう建物の利用方法を考えさせられてしまった。それなりの大金だったろうが、役所は保存修理が終わってしまえば一件落着、みたいな感じあるので、そのあとの管理運営は・・・。この建物に、文化財級の本物は置いとけんわなーとも、避雷針が付いてるのがお役所仕事らしさかなーとも、感じた。私としては、それなりに好ましい小品という感じの建物ではあったのですが。

IMG_4167.JPG


◆野口謙蔵記念館 玄関ポーチの石張り、ちょっと画家らしいかなー、と思って。

IMG_4166.JPG


◆通りすがりのハサ、懐かしいなー、と(甲賀市甲賀町大久保)

IMG_4173.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 20:17| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

建築士事務所協会研修奈良旅行撮って出し

◆朝の散歩で東大寺に行ったら、通勤途中のサラリーマンが大仏殿に向かい起立一礼して去っていった。

IMG_43441.jpg


◆吉野山で、機影がしっかり見える飛行機雲、初めて見た。

IMG_43751.jpg


◆トリスミの集成湾曲材(製作途中)と

IMG_4245.JPG


◆それを製作する作業台(写真撮っても構わないとのことだったので)

IMG_4244.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 20:18| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

大池寺 サツキ刈込庭園以外 湖東03

大池寺(甲賀市水口町名坂) サツキ刈込庭園以外

◆とりあえずは定番のお庭

IMG_4181.JPG


◆入口の粘土っぽい地層が現れた崖が面白くて

IMG_4179.JPG

◆その崖で、顔っぽく見えるとよく見ると人形さん

IMG_4186.JPG


◆大池寺横の池に鳥居が(由緒はわからない)

IMG_4182.JPG


◆大池寺横の池 水鏡。風情を感じる枯れたハスと遠くに鳥居

IMG_4184.JPG


◆大池寺横の池 水鏡。ハスと鳥居とセイタカアワダチソウ

IMG_4183.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 00:07| 滋賀 ☀| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

変わり瓦採集 & 野口謙蔵記念館 湖東02

◆塀棟熨斗瓦入隅納め 寿老人(大池寺境内内 八幡神社にて)

IMG_4175.JPG


◆庇隅棟鬼瓦 騎牛帰家(きぎゅうきか)の図に似てる。(東近江市綺田町の民家)
通りを歩いていて変わった瓦やなーと思ってパチリ。家に帰って調べてみると、中国北宋時代の臨済宗楊岐派の禅僧・廓庵が書いた「十牛図」の内の六番目 騎牛帰家 心の平安が得られれば、牛飼いと牛は一体となり、牛を御する必要もない 、という禅画からとられてるみたい。お家の方に学があったのか、瓦職人さんに学があったのか、ひょんなものを見つけてしまった。家の周りを歩けば、十種類出てくるかなー、でも遠いしなー。ちょっと手入れも行き届いてなさそうな雰囲気やったのも気にかかる。

IMG_4165.JPG

◆道に迷ったところでひょっこり見つけた、野口謙蔵記念館。(東近江市綺田町)
上の民家の瓦は、たまたまここに立ち寄って見つけたもの。さて、
故人のアトリエを平成3年に復元された、とのこと。20帖ほどの画室と広縁風の前室、それに多分トイレ台所が付属した小さな建物。集落の北の端の位置に建てられたのは、写真で見る通り、安定した光の入る北側の大きな窓からは、何の障害物もない田園風景が広がっていたからだろうか。木造平屋の小さな建物には、東京国立博物館に所蔵されているという油絵の質の悪い複製(コピー?)何点かと、少しのスケッチ(スケッチは本物)が展示されていた。こういう建物の利用方法を考えさせられてしまった。それなりの大金だったろうが、役所は保存修理が終わってしまえば一件落着、みたいな感じあるので、そのあとの管理運営は・・・。この建物に、文化財級の本物は置いとけんわなーとも、避雷針が付いてるのがお役所仕事らしさかなーとも、感じた。私としては、それなりに好ましい小品という感じの建物ではあったのですが。

IMG_4167.JPG

◆野口謙蔵記念館 玄関ポーチの石張り、ちょっと画家らしいかなー、と思って。

IMG_41616.JPG


◆通りすがりのハサ、懐かしいなー、と(甲賀市甲賀町大久保)

IMG_4173.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:34| 滋賀 ☀| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

幼少時あるかもしれない記憶にある限り初めての多賀大社 湖東01

◆立派なお社だ。遥拝所?拝殿本殿と重なる屋根&とっても長い廻廊

IMG_4192.JPG


◆こういうアングルを撮ってみたくなる・側廊(廻廊)

IMG_4188.JPG


◆こういうアングルを撮ってみたくなる・前廊(廻廊)

IMG_4189.JPG


◆神明両宮という小さなお社、いいバランスだ

IMG_4195.JPG


◆礎石に柱&横から見ると流造り、でも棟持ち柱は伊勢の神明造りに倣う。
いい香りがするな〜神域だからかな〜と思ったら、最近切り倒されたと思われる大きな切り株、ここも台風の影響かなー、と。

IMG_4197.JPG


◆手水舎、井戸+手水鉢?がそのまま屋根形に、ええバランスやなー、と。「機能は形態を掲示する」という懐かしい言葉を思い出す。

IMG_4196.JPG


◆君が代の「さざれ石の巌になりて」の実物?。昔、誰かが、物理的にはさざれ石は何年たっても巌にはならん、でも、悠久の時間永代続くという文学的表現は、それはそれなりに素晴らしい。って言ってたような気がするのを思い出す。

IMG_4191.JPG


◆立派なお社だ。振り返りつつあとにする。

IMG_4193.JPG


◆太鼓橋と紅葉しかけのモミジの老木

IMG_4198.JPG


◆太鼓橋、横から見るとこんな感じ。

IMG_4187.JPG


◆住吉さんにもあったなー、去年の写真を引っ張り出して来たらこちらはかなり大きい。

DSC_0412.JPG


◆日吉さんにもあったなー、と、こちらは石橋でも反ってない。これはS57年の写真。

181027hiyosi.jpg

記憶とはいい加減だなー、改めて思う。このお多賀さんのと相似形のような石橋、どこかで見たように思うけど思い出せないのが悔しい。

◆しかし「糸切り餅」は、ええセンスしてるなー。敬意を表して一番小さいのを買う。

IMG_4201.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 02:01| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

ヘリテージマネージャー講座 at 五個荘金堂05

午前の講義で「金堂地区の隣の川並地区も当初は伝建地区に、とも考えていた。」ということだったので、昼休みにちょっと行ってみた。確かに中々雰囲気がある。

通り風景

IMG_4092.JPG


地蔵堂かと思ったら中に金箔張りの六角経蔵?

IMG_4100.JPG


お屋敷っぽい蔵と主屋

IMG_4091.JPG


通りに寺が面する川並地区のメインストリート?正面に立派な地蔵堂そしてその右側がお寺

IMG_4089.JPG


立派な地蔵堂?小さな祠なのにこの彫刻群

IMG_4086.JPG


立派な寺

IMG_4094.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 05:35| 滋賀 🌁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

ヘリテージマネージャー講座 at 五個荘金堂04

滋賀の歴史はどこまで遡れるのだろう。古代(奈良時代?)の条里制が残る地割りに、江戸時代、最初に郡山藩の陣屋が置かれたのが、この集落の始まり。江戸期から始まる建物群と共に、地図を見ると古代の条里制がそのままに残っているのがよくわかるのも、農村集落景観として、重要伝統建造物群保存地区の選定理由の一つの要素であるとのこと。
そんなことは、話を聞いてみないとわからない。太い点線は、その条里制のわかる集落周囲の田んぼも含めた金堂重要伝統建造物群保存地区の範囲を示す。

181020金堂.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 05:44| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

ヘリテージマネージャー講座 at 五個荘金堂03

重要伝統建造物群保存地区 五個荘金堂 外観を保存するということでは「瓦がない」というのが悩みの種、らしい。最近の引掛桟瓦は、53判(一坪に53枚)という大きさの瓦がほとんど。でも、ここ金堂では72判の大きさの瓦が主流、瓦の大きさだけでも外観の雰囲気が違ってしまう、とのこと。ほかにも庇などの小さい部分では100瓦かなーと思われる様々な大きさの瓦が使われているような感じ。色が全体的に黒くてまばらな地瓦と最近のいぶし銀で均質な瓦でも雰囲気違うしなー、とも思う。

◆確かに、蔵の瓦も、微妙に葺き足が短い気がした。

IMG_4062.JPG


◆塀端部のタレ破風瓦もないんだろうなーもみじと水

IMG_4044.JPG


◆塀端部のタレ破風瓦もないんだろうなー波

IMG_4078.JPG


◆工務店さんの倉庫の横には昔の鬼瓦がいくつも置かれていた。出番を待っているのだろうか?

IMG_4090.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:36| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

ヘリテージマネージャー講座 at 五個荘金堂02

とりとめもなく、面白いなーと思ったものなどを。

郵便新聞受け、雰囲気あるわー。

IMG_4076.JPG


雨戸繰り出し用開口しっくい塗廻し、丁寧すぎやわ。

IMG_4083.JPG


塀と路面の取合い部の粋なはからい

IMG_4077.JPG


立派な家の勝手口くぐり戸&大きな郵便受け&表札&インターホン。
インターホン、こんなのに似つかわしいのないなー、と。

IMG_4065.JPG


工務店さん、お取り置き? ずらりと古い鬼瓦

IMG_4090.JPG


五個荘町商工会員之章、栄枯盛衰

IMG_4041.JPG


古いサニトラが何か似つかわしいなー、と思って

IMG_4085.JPG



ちょいマニアックな、納まり・ディティール

立派な沓脱石、と思ってよく見ると、あれ〜手水鉢への濡れ縁はどないなってるの?

IMG_4069.JPG


キャンティレバーでした。八角の名栗仕上げ、よく見ると下端は見える所だけ八角で中の方は四角。吸付桟で綺麗に納めて先端の棒だけ地獄枘納め?細やかな細工にビックリ!

IMG_4072.JPG


2F大屋根軒先、茶室風の部屋の外だけは杉小丸太の化粧軒裏、で、軒先瓦は普通に通っている。

IMG_4052.JPG


階段、ノンスリップの出っ張りを分厚い板から削りだしている段板

IMG_4081.JPG


床との取り合いのR・その入隅・ちょっとした段差の入隅の面取りタイル・見切りのボーダー、昔はこんな役物いっぱいあったんやなー。最近は、外国産のタイル小口表しみたいな仕事ばかりで(汗)

IMG_4079.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 04:57| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

ヘリテージマネージャー講座 at 五個荘金堂01

水との関わり・川戸(お金持ちの家01)

IMG_4056.JPG


水との関わり・庶民のパブリック川戸?

IMG_4043.JPG


水との関わり・川中の地蔵とトマソン的石橋

IMG_4075.JPG


水との関わり・川戸(お金持ちの家02)

IMG_4045.JPG


水との関わり・川戸(お金持ちの家02)道路側から

IMG_4055.JPG


水との関わり・川戸(お金持ちの家02)俯瞰

IMG_4053.JPG


水との関わり・寺の前のちょっと広い立派な「川」

IMG_4037.JPG


水との関わり・L型側溝見っけ。石で出来てると立派なもんや

IMG_4030.JPG

何見てるん? 水路の石の納まり?

IMG_4035.JPG


何見てるん? おかあさん。

IMG_4039.JPG


何見てるん? 立派なお庭

IMG_4070.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 05:54| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

京都国立近代美術館の東山魁夷展 & 泉屋博古館

◆京都国立近代美術館の東山魁夷展、最終日に行って来ました。因みに次回は藤田嗣治だそうです。

IMG_1421.JPG


◆美術館階段室。この建物は槇文彦設計。
しかし、その後の作品系譜を見ると、宮崎浩さんの個性が色濃く反映されているように思う。
氏のモダンデザイン風?工業デザイン風?のクラフトワークで全体が覆われている。
サッシも壁も窓ガラスも、特注製作品ばかり、巨大な建物全体が工芸品みたいなものだ。

IMG_1418.JPG


◆美術館の階段から大鳥居を望む。向かいの京都市美術館は改修工事中。この建物は確か、
基礎下に免振装置を付けて建物本体はほとんどそのままの形で残すらしい。しかし、巨大な建物を
地上に残したままその基礎の下全部を1階分くらい掘削して免振階を挿入するってすごい工事やなー、と思う。(すみません、この建物は外観保存、耐震改修らしい。京都市役所と勘違いしてました)

IMG_1419.JPG


◆入場の行列に並んでたら大鳥居の面白いアングル。
足元を見たら、地元のヴォーリズ今津郵便局・幼稚園・資料館と同じ登録文化財でした。

IMG_1415.JPG


◆隣の京都府立図書館は、改修工事が終わっていた。
この洋風建築も、地下に巨大免振階を挿入したのか、その工事で計画されたらしい前庭に大きなドライエリアがあった。そのドライエリアのデザインが秀逸だなー、と思って。

IMG_1423.JPG

◆近所にあった泉屋博古館にも行って来ました。
住友財閥の出自が、「泉屋」というそうで、それと、中国の昔の「博古録」という昔に編纂されたそのまた昔の青銅器の図録から由来して、せんおくはっこかん、と名付けられたとのこと。
受付の方に「いずみやはくこかん」と言ったら、由来から言えばそうなりますが音訓が混ざるので音読みで統一して「せんおくはっこかん」と言います、とやんわり訂正された。
収蔵品になぞらえて、青銅器っぽい銘板も、ペラペラした金属の曲げ物ではなく、
鋳物を丁寧に磨いたっぽい重厚なもので、品格を醸し出している。

IMG_1427.JPG


◆この建物も中々、中庭。設計は日建設計、そういうと、日建設計は元をたどると、
明治33年に設立された住友本店臨時建築部(WIKIより)だから当然か。1970建築とのこと。

IMG_1426.JPG


◆玄関ドアの取手は、収蔵品である、
中国周・商代(BC10〜AC0) の青銅器の文様と、三角縁神獣鏡からとられてるっぽい。

IMG_1425.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 06:43| 滋賀 | Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

比叡山延暦寺の根本中堂は、これから大改修

仕事が大津と京都であって、3時間ほどぽっかりと空いてしまったので、合間に比叡山延暦寺へ。根本中堂は、これから何年もかけて大改修が行われるとのことで、仮設とは思えぬ立派な覆い屋が出来たてホヤホヤでした。しかし、比叡山ドライブウェイ縦走の有料道路の料金が2830円と聞いた時には聞き間違いかと思った。高速やったらどこまで行けるねんと。

◆こういうことがなければ見れないであろう、廻廊の屋根を上から見るアングル。

IMG_1354.JPG


IMG_1353.JPG


◆写真可の場所からだと。本堂大屋根は鉄骨が多すぎて写真にならない

IMG_1355.JPG


◆雨に煙る参道

IMG_1356.JPG


◆悪天候の中、何か大きな法要が行われていた。僧侶と傘の列っていうのが何だか不似合いで

IMG_1357.JPG


◆比叡山 至宝展、ここだけは写真可ということで。重文などの立派な仏さんが展示されていたが、何しろ数が多すぎて & 仕事の合間ということもあり時間が気になったせいもあり、ちょっと食傷気味に。

IMG_1350.JPG


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 00:52| 滋賀 ☀| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

北前船主の館・右近家 再訪

当時は海岸線に道も通わない、越前海岸の河野村(現南条郡南越前町河野)に、北前船の船主の館があり、その系図が、江戸明治大正期と繋がり、日本海上保険(現在の損保ジャパン日本興亜に至る)の創設に関わるという歴史に、なんか、感動してしまうんやなー。改めて、昔は海が「道」やったんやなー、今は辺鄙な切り立ったがけ地の入江にしか見えんけど、昔は大きな船も寄せれる天然の良港やったんやろなー、とも。

◆傾斜地の中腹に建つゲストハウスは、大林組の建築とのこと。こんな田舎に、と思うのである。建物の説明に「お助け普請」という言葉があった。経済不況の折、村民の仕事を作り出すために、大きな建物を建設し、その人夫として村人を雇用したということでした。アメリカのニューディール政策より前に日本でも、というか経済の原則というものがわかっている人は昔から似たようなことをしていたのだ、と妙に納得してしまいました。

IMG_3810.JPG


◆洋館階段室、親柱の精緻な彫刻と帆船をあしらったステンドグラスのデザイン

IMG_3804.JPG


◆そんな建物を背景に、フィギアの写真を撮ってる方がおられました。今時やなー、と。

IMG_3803.JPG


◆立派な庭の手前に砲弾?何かいわれがありそうな「・・・日露戦争で民間から徴用され旅順口閉塞作戦に参加した「福井丸」は右近家の持ち船であった。そのようなことから、この砲弾が海軍から譲られたのかも知れない。・・・」
帝国陸海軍現存兵器一覧>北前船主の館・右近家ー砲弾 より。

IMG_3807.JPG


◆玄関脇塀 それぞれに理由がありそうな意匠のたくさんの役物瓦に感動して

IMG_3808.JPG



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 お笑いブログ お笑い情報へ  MY facebook ページ  にほんブログ村 お笑いブログへ
滋賀県立大学・田の浦fanclUb滋賀サポートチームが関わる震災復興プロジェクトLINK
重要文化的景観 海津・西浜・知内の水辺景観 WEBSITE ●facebook
  Vipo ヴォーリズ今津郵便局の会 project WEBSITE ●facebook

==============以下は、私の仕事のコマーシャル==============
住宅・セカンドハウスは、随時ご案内(室内も)出来ます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by ほんだ at 07:11| 滋賀 ☁| Comment(0) | お出かけ(建築・景観・風景・課題etc) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする